PHP
PHP
PHP
Arrow
Arrow

いろいろな日付がわかる「日付関数」

31日であるとは限らない月末日を、どう処理するか?

月末日を表示する処理は、どのように考えれば良いでしょうか。たとえば、今日の日付を基準に、何らかの期限が「翌々月の月末日」に来ることもあるでしょう。

月末日が31日とは限らないので、単純に「月に2を加算して日を31に設定Jという処理を組み立てるわけにはし1かないでしょう。そもそも、「月lこ2を加算してJは、どのようなコードを書けば良いのでしょうか。日付の扱い方も理解する必要がありそうです。

「いつの日付を」「どのような形式で」が指定できれば便利

プログラミング言語を学ぶときは、扱う日付や時刻について、「いつの日付を」と「どのような形式で」を分けて考えるのが一般的です。「いつの日付を」は、処理で使う日付のことを指します。プログラミング言語の内部処理で使われる日付のことです。その意味は後でわかります。「どのような形式でJとは、処理対象の日付を表示するときの見た目の形式(フォーマット)のことを指します。たとえば、「20l2年2月29日」や「2012/2/29」などです。

まとめると、次のような日付関数があれば、処理の組み立てに役立つはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *