previous arrow
next arrow
Slider

作業用フォルダの作成

Web 上に公開するHTML文書や画像などのファイル、および、Webからのアクセスによって起動するPHPなどのプログラムファイルは、 Webサーバが管理する所定のフォルダ以下に置いておく必要があります。
このフォルダをドキュメントルートといいます。
言い換えると、ドキュメントルート以下(サブフォルダも含む)に置いたファイルでなければ、Webからアクセスできません。
データファイルなどのブラウザから見る必要のないファイルは、 ドキュメントルート以外のフォルダに置いてください。
ドキュメントルートがどこのフォルダになるかは、Webサーバの設定によって決まります。
Apacheをインストールすると、そのままの状態では、以下のフ ォルダがドキュメントルートになっています(Apacheのバージョンにより異なる場合があります)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。