PHP
PHP
PHP
Arrow
Arrow

データベースのグループ分け

項目を考えて紙などに書いたものを眺めながら、それをどんな風に項目をグループにしていけば良いかを考えてみるといいそうです。例えば、会員関係の情報と投稿関係の情報に分けたりということだそうです。例えば「会員関係・ニックネーム、メールアドレス、パスワード、写真のパス」「投稿関係・メッセージ、会員情報、返信先のメッセージ」というような分け方が考えられるかと思います。これをそのままテーブルにしてもいいそうです。そうしてできたものにテーブル名をつけておくと良いそうです。「会員関係ーmembers」「投稿関係ーposts」というようにするといいそうです。こういったテーブルにフィールドを作るそうです。こうしたフィールドには例えば「posts」の会員情報というのには具体的に何を指すのかというのが問題になるそうです。membersとpostsがリレーションを張る必要があるそうです。menbersテーブルには、各メンバーの固有情報が必要なのだそうです。返信先のメッセージを表す必要があるそうです。postsテーブルにもプライマリーキーを設定するそうです。返信先のメッセージにメッセージIDを記録するようにすれば、返信先をたどることができるそうです。一つのテーブルが互いにリレーションを張るというのは珍しいパターンだそうです。項目が決まったら、これをフィールド名にしていくそうです。フィールド名というのは短くて分かりやすいそうです。間違いのない英語で割り振っていかないといけないそうです。和英事典などを使うのも良いそうです。きちんと調べて正しくつけることがポイントだそうです。スペルミスを後で気づいたりすると、とても面倒なことになるそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *