PHP
PHP
PHP
Arrow
Arrow

Webアプリケーションの仕組み

Webアプリケーションとはどのような仕組みで動いているのでしょうか?Webアプリケーションの仕組みについてブログを例にして見てみましょう。ブログとは「日記」のようなサービスのことだそうです。通常のブログには代表的な機能があるそうで、ざっくりと分けて言うと・閲覧画面・管理画面の2つの画面があるそうです。誰かのブログを見ている閲覧者側の画面を閲覧画面と言い、こちらがブログの表側にあたります。反対に、誰かに見せるブログを書いている著者側の画面は管理画面といい、こちらはブログの裏側にあたるそうなのです。では、閲覧画面と管理画面では何が違うのでしょうか?

閲覧画面ではブログの記事の表示を行っているそうで、ブログの記事内を検索することが出来る検索ボックスや、記事の内容をカテゴリー事に分けているカテゴリー表記、メインとなるブログ記事の本文など、か様々な表示形式を用いて画面に表示します。反対に管理画面では、まずログイン画面が表示されるそうです、管理画面では、まずブログの管理画面に入ろうとしている人が本当に著者本人であるかどうか確かめる必要があるそうで、そのためにログイン情報を入力する必要があります。ログイン情報とは設定したIDやパスワードのことを指すそうです。このIDやパスワードを間違えてしまうと、管理画面を利用する事が出来ません。ログインが完了すると、管理画面の中にはブログ記事を作成するのに必要な様々なフォームが表示されます。フォームとは、Webページを構成している部品の1つを指すもので、例えば文字を入力するテキストエリアや、情報を送信するための送信ボタンなどがフォームの部品になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *