PHP
PHP
PHP
Arrow
Arrow
Slider

PHPの対応配列で英単語表を作ろう

連想配列を作るには「キー」となる内容と「値」となる内容を両方指定します。「=>」という記号を使って「キー=>値」と書きます。「=>」という記号は不等号ではありません。矢印というふうに考えてみると良いようです。連想配列の内容をすべて画面に表示するならば、「foreach」という繰り返しの構文が使えます。繰り返し構文というと「for」構文と「while」構文を勉強しました。これにもう一つ「foreach」構文があります。これは配列と組み合わせて利用するものです。「配列のすべての要素を取り出すまで」繰り返されるという動きをします。連想配列はこの他に、独自の商品コード体系を持った商品のリストの管理をする場合や、都道府県名を英語と日本語で対応させて管理するというようなものがあります。さまざまな場面で活用できます。while構文やfor構文などと同じように、foreach構文も、別々の<$php ~ ?>の中に分けて書くこともできます。while構文やfor構文と同じに、「繰り返したい処理」の部分にはHTMLを入れることもできます。PHPの命令を入れることもできます。プログラムw作成しっていると、「この場合はこうする」という動きを表現したいということがあるものです。「名前が入力されていなければ、エラーメッセージを表示したい」というようなものです。他にも在庫の数がゼロのときは、購入できないようにしたいとか、すでに存在していたら処理をしない、というように、いろんな状態があると思います。「◯◯なら☓☓」という動きをするのがif構文です。if構文を使うと、時間によって処理を振り分けることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です