previous arrow
next arrow
Slider

HTMLの基本を知っておこう

PHPとうのは、ほとんど、ウェブページを生成するために、ウェブサーバー上で利用されます。このとき、ウェブプラウザに画面を表示されるときに利用されるのがHTMLとCSSとなります。HTMLとCSSの基本的内容ですが、簡単にいえば、ウェブプラウザ上に表示する内容をしていするのがHTML、その見た目を決めるのがCSSです。「
よくわかるPHP
」で、この「<」「>」で囲まれた記号のようなものはをHTMLタグといいます。ウェブプラウザーはこのタグを画面に表示しない、その代わり、このタグを「解釈」して、その指示に従おうとします。HTMLタグは「<タグ名>……」できます。タグ名には、アルファベットの1文字から数文字程度の文字が入ります。タグ名によって指示の意味が変わります。たとえば、ここで指定した「h1」というタグ名は「見出し1」という意味です。hはHeadingの略称です。そのページで1つ目に大きな見出しとして指定しているということです。HTMLには、このようなタグが十数種類あります。これらを組み合わせてウェブページ全体を作り上げていきます。開始タグと終了タグというもので文章などを挟むことをマークアップといいます。マークアップされた部分を、タグを含めて要素と呼びます。要素には属性を追加して、追加情報を与えるということもできます。属性はどの要素に対して追加できるのもあります。また、特定の要素のみ追加できるものもあります。また、属性で追加できる情報にはさまざまあります。h1要素に、class属性というものを追加したりします。class属性というのは、その要素を見るためのしるしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です