previous arrow
next arrow
Slider

ヒアリングで逆提案するもよし

Web制作の依頼があった時は、ヒアリングの前の確認すべきことを明記した資料をまとめておきましょう。

その内容としては、依頼Webサイトの趣旨や想定閲覧者、現状と競合、コンテンツの要件、編集や更新さらに将来予測といった項目について具体的に書き出しておくと良いと言われています。

例えば趣旨の欄にはその制作の必要性であったり、現状の運営されているWebサイトがあればその観た印象と評価、競合ではその有無と差別化の内容、更新ではその変更要件であったり頻度やタイミングなどをわかる範囲で書き出しておきます。

この時必要であれな調査すべきことが発見されることもあるかもしれません。Webサイトの制作に関しては制作者側が要件やプロセスは依頼サイドより間違いなく熟知しているはずですから、助言するつもりで必要なことは整合を取っておくのは制作者側の役目と言っていいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。