Uncategorized

PHP
PHP
PHP
Arrow
Arrow

よくセットになっているソフトウェア

よくセットになっているソフトウェアは次の通りです。 .PHP  Apache (Web サーバー)  MySQL (リレーショナルデータベース管理システム) よく、 Windows での Apache+MySQL +PHP の組み合わせを 「WAMP」 、Linux での 「 Apache+ MySQL + PH P」 の組み合わせを 「LAMP」 といいます。このように、「Apache+ MySQL+PHP」の組み合わせは相性がよく、大変多くのサーバーで利用されています。 これらのソフトウェアはみなオープンソースです。オープンソースは一定の条件のもと、誰でも 無料で使用でき、そのプログラムを改良することが許されています。これらのソフトウエアを別々にインストールし、設定していったほうが勉強にはなるはすです。 しかし 、個別インストールは時間が掛かり、設定も複雑になります。また環境によっては動作しない危険性もあります。比較的簡単に 「MySQL +Apach+PHP 」の動作環境が構築できるXAMPPを使うことにします。 オープンソースは、まず、普通に動くまでが大変です。はじめての方はびっくりするかもしれませんが、どうかあきらめず、動作するまで頑張りましょう。

PHP は何の略?

PHPは現在 PHP: Hypertext Preprocessoを省略した名前ということになっています。 つまりPHPはハイパーテキス卜を事前に処理するものとい うPHP自体を説明する名前です。 何かプログラムの再度呼出し(自分自身を呼び出すこと)をしているような不思議な名前です。 じゃあ、省略していない最初のPHPはどんな意味なのか。 実はPHPの原型は、 1995年に作ったアクセスの解析ツールでした。この解析ツールの名前が Personal Home Page Toolsというものだったのです。

改行文字を出力する

スクリプトが思い通りに動作しないときは、出力 結果の HTMLファイルを調べて、どこで動きがおかしくなっているかを調べることもあります。そこで、後で HTML ファイルを見ることを考慮して、 print で出力する際に、区切りがよ いところで改行文字(¥n) を入れておくことをお勧めします。 たとえば、 <BR> タグを出力するたびに、その直後に改行文字を入れておくとよ いでしょう。そうすると、 HTML上での改行と画面表示上での改行の位置が一致す るので、 HTML を調べる際に見やすくなります。

PHPとサーバー

PHPなどを使ってプログラミングを行いたい、開発をしてみたいという人が最初にすることは色々ありますが、なかでも「サーバーを手に入れる」ことは避けて通れない設定の一つです。ただし、サーバーはお金をかけずに手に入れることができます。そこで知っておきたいのが、XAMPPです。会費だとか、ユーザー登録だとか、そういったことがないフリーソフトで無料なのが特長です。なお、読み方は「ザンプ」と読みます。実は、このXAMPPは世界中の腕利きのエンジニアが、ボランティアで改良を続けています。 なお、XAMPPは以下の文字から構成されています。 X – Windows、Linux、macOS、Solarisのクロスプラットフォーム A – ApacheのA M – MySQLまたはMariaDBのM P – PHPのP P – PerlのP なお、現在XAMPPは、Windows、Linux、macOS、Solarisで利用可能となっていますので、自分のパソコンのOSを確認するようにしましょう。XAMPPはパッケージとしての特性上、ソフトウェアによっては最新版のものでなかったりすることもあります。そのため、商用利用する際は、セキュリティ面からそれぞれのソフトウェアのバージョンアップが必要があるので注意しましょう。

PHPのバージョン

PHPは過去に非常に多くのバージョンアップを行って来ていますが、最新バージョンは2017年現在でPHP7.1.0です。PHPは登場から20年経っている今でも精力的に新しいバージョンのPHPがリリースされています。2017年現在の最新バージョンはPHP7.1.0です。PHPはバージョンによって「セキュリティホール」というセキュリティの抜け穴のようなものが存在すると言われています。使用するに当たって、セキュリティホールを突いたサイバー攻撃を受ける可能性があります。そのため、サイバー攻撃を避けるために、バージョンの情報は表に出さない方が良いでしょう。 PHPはバージョンによって、上記のように様々なセキュリティホールがありますが、それを改善するためにバージョンをアップしたものが開発され、リリースされます。要するに、最新のバージョンが最もセキュリティホールが少なく、過去のセキュリティホールを修正したものであるということです。そのため、使用するのであれば必ず最新バージョンをしましょう。あまりに古いバージョンの場合、サポートが切れている場合もありますので、気をつけてください。